あれやこれやと

自転車、プログラミング、登山など思いついたままに書いていこうと思っています

初冬?のキャンプ(CAZUキャンプ場)

f:id:upopo21:20201124200522j:plain

先日、飯能市にあるCAZUキャンプ場でキャンプをしてきました。

www.cazu.jp

今年8月にキャンプデビューをして、ほぼ毎月行っています。 段々季節が変わって冬に近づき、装備がないと大変な季節になってきたのかなと思っています。

まだ冬は体験していないので寒くなり切る前にキャンプをしたかったというところです。

今回はソロで行ってきたのですが、2300円が使用料でそれにプラスして1200円が薪代でした。 薪は1200円支払えば自由に使い放題となっています。

冬は焚き火しっぱなしになるかと思いますし、そういう意味では懐に優しくいいと感じました。

水場・トイレ

f:id:upopo21:20201124200717j:plain

こちらのキャンプ場、水場もトイレも非常に綺麗です。なおトイレは水洗式となっています。 先日、武蔵嵐山の月川荘へ行った時は実に昭和っぽいトイレで少々芳しいですし、女性の方だとトイレ使用したくない人も多いのではないでしょうか? それに比べると所謂ショッピングセンターのトイレ並みに綺麗なので安心して使用できます。

焚き火

f:id:upopo21:20201124200947j:plainf:id:upopo21:20201124200939j:plain

実は焚き火をちゃんとやるのは初めてです。 今回の為にベルモントのTABIという焚き火台を購入しました。

belmont.co.jp

定番どころといえばピコグリルだと思うのですが、お値段もいい感じしますし・・・。 こちらの方がお安く、そしてチタンというところで軽さもちょいピコグリルより軽いのです。

初めて使うモーラナイフを出し、不器用ながらバトニングに挑戦。 太い薪だと割ることができなかったので、斧とかあると良いのかなぁという気持ちも。

最初、着火剤を使えば火がラクショーでつくのでは?と思ったのですが、意外となかなか薪に火が付かずに四苦八苦😅 ちゃんと、細い薪を作り、フェザースティックのようなものを見様見真似で作って頑張りました_| ̄|○

寒さ(外)

今回は寒さ対策の参考にというか、軽めの寒さを体験にというのが目的の一つです。 到着後は正直、寒さもほぼなく、下手したら上着も必要なく過ごすことができました。

17時ぐらいから日が落ちてきて、寒さが強くなってきて、膝掛けをしたり上着を増やしたりしてましたが正直これ以上、寒いキツさになると外でまったりという事自体が難しくなるかなと思います。

とはいえそんなに寒い日ではなく指先がかじかむような寒さではありません。

冬本番のキャンプではどのようにして過ごすのが良いのだろう? と考えさせられました。

寒さ(夜)

いろいろなところで見るのが冬の寒くて寝れないとか、そういった事が書いてあって若干気になっていました。 今回、4:00ぐらいに起きた時に凍結等もなかったので、氷点下もいくこともなく比較的暖かい日だったのだと思います。

マットレスはNEMOのORA-20R、シュラフはNANGAのオーロラ600DX(山渓モデル)です。 冬を経験するという意味ではもう少し寒いと、良い経験になったと思うのですが・・・・。

ただ、真冬になるとORA-20RのR値は2.7で床からの冷えが伝わってくるのかなぁと思ったりも。 今の装備では12月はともかく1〜2月のキャンプでは厳しそうに思いました。

他のキャンパー

f:id:upopo21:20201124201453j:plainf:id:upopo21:20201124201441j:plain

この写真ではわからないですが、薪ストーブを使っている人がそれなりにいました。 広めのテントで薪ストーブ使っていれば暖かいですし、真冬のキャンプでも楽しめそうに思います。 正直非常に羨ましいです。 いつか私もそういう形でキャンプしたいなと思いました。

キャンプしてみて

今回はそんなに寒くなく、過ごしやすい気候でよかったのですが、これ以上寒いと装備の問題から厳しいのかなとも感じています。 おそらくインナーシュラフやマットを二重にといった対策で寝る方は大丈夫かと思いますが、外で過ごしている時には厳しい感じになるのかなと。

焚き火とブランケット等で耐えるというのもありますが、苦行になりそうで悩ましいところです。

あと割と焚き火が忙しかった事が気になっています。 気持ち的には某推理漫画の犯人「やることが...やることが多い!」みたいな気持ちにw ふと見ると消えかけたりして心配にw

www.i-cg.jp

焚火自体はやめてしまってこちらの製品で暖を取るのもいいのかなぁと思っています. ガスを3−4本持っていく必要はありそうですが...

ノートPCの代わりにiPad Airを買った話

なぜ乗り換えたのか

先日、DellノートPCが二回目の修理となり、イライラ度がMAXでiPad + Keyboardに鞍替えしました。

1番何が辛いかと言いますと、ファン故障の度にマザーボード交換となりますのでバックアップとリストア作。・・業が必要になります。 iOS系だとバックアップしてリストアはただただ待つだけで済みますが、PCの場合はフルバックアップとリストアするようなソフトウェアを持っていないと、全ていちから再セットアップすることになります。

何気に時間がとられ、非常にめんどくさい作業です。 また同じ故障をする可能性が高いと思い、iPadに乗り換えることにしました。

キーボードはSmart Keyboard Folio を選択しました。 本体との一体感、またMagic Keybordと違って、iPadを手に持って使えるといったことからこれにしました。

iPad Air 4で作業の感想

ノートPCのように使えると言うことで、10.9インチのiPad Air 4を購入しました。 最新なので速度的にも不満なく。 残念ながら前行っていたような、ファミレスで開発作業といったことはできなくなりましたが、こういったブログの更新作業や、SNS閲覧・書込みなどキーボード主体の作業は結構快適にできてます。

キーボードに隙間がないので、間にゴミなどが入ることを心配せず、キャンプに出掛けた時にも安心して使えるのは想定外の嬉しい話でした。

iPad でのリモートデスクトップ

自宅のPCへはVPN経由で接続しています。またWOLを利用してPC起動もできるのでしようしていない時は電源OFFにしてます。

Microsoftリモートデスクトップアプリではマウスも使えるので、それなりにPCとして使えます。 ただ画面解像度によってはマウスの位置と実際のポインタ位置がずれていて正しくクリックできなくてはまりました。

#まとめ?

ファンが壊れる心配がないので安心して作業できるのがホント嬉しいですわ。 ノートPCの時、ホント参ったので。

iPad miniも使っていましたが、やっぱりキーボードがあると使い方が変わってきますね。 文章を入力するのが楽になるので、ちゃんとしたエディタも使い始めました。

Smart Keyboardがあることによって活用の幅が広がった気がします。 これで安心して数年間使っていけるかなと思っています

キャンプのためにバイクの免許をとった

f:id:upopo21:20201117192244j:plain

割とどうでもいい話です(;'∀')

教習を受けるまで

おおむね徒歩キャンパーです。 駅から遠いキャンプ地はつらいです(´・ω・`)

自転車にキャリア積んで、自転車キャンプも考えたけど、行きはよいよい帰りはツライ。 楽しみより苦行・・・・になりそうで断念しました。

ちょっと考えたところ、そうだ原付というものがあるじゃないか・・!と。

そんな感じで原付バイクを買おうとしたところ、友人にズーマーを進められました。

www.honda.co.jp

お、このデザイン嫌いじゃないぞ。ってすでに販売終わってるじゃねーかーーー_| ̄|○ 中古にしても初心者に程度と値段の相関を正しく見れる気もしないので諦め。

他の友人には原付は遅くてあぶねーから普通自動二輪だろと言われまして。

高齢になってくると、一本橋などバランス感覚必要なところが難しく、 アラフィフな私がこれから普通自動二輪取るのは大変じゃないかと思ったりもしたのですが挑戦をしてみました。

教習の感想

最終的な感想としてはアラフィフおっさんでも何とかはなるもんだなぁ。とは思いました。 ただ途中は マジ?大丈夫かな・・・・? みたいに思うことはありました。

YouTubeなどで予習とかしましたけど、終わった後思うのは YouTube 見るよりも教官に質問しまくれ という事だと思っています。 教習所によってやり方も違いますし、最終的にはあまり役に立ってない情報も多かったです。

ただ一つだけすごく助かったのがあってそれは アクセルの回し方 です。 これだけは事前に予習していたおかげで助かりました。

ここからはよくある定番コンテンツです。

クランク、S字

この二つはそんなに難しくないのですが、気が緩むとポールを引っ掛ける。 そんな感じでした😅

目線さえ気をつけていれば、リアブレーキと半クラで普通に。 ただし一度ウインカーに気を取られて、転倒もw

急制動

こちらもそんなに難しくなかったのですが、 * 早めに40km/hを出す * 私の場合は後ろが強すぎるので、前ブレーキを意識 この二つ何とかなりました。

スラローム

Youtubeで動画を見ると大体車体を戻すのにちょっとアクセル回すといった感じのことを大体言われていましたが、そんなことは全く気にしなくても大丈夫そうでした。

教習中は2速アイドリングで抜けることを指示されました。 ちょっと心配でアクセルをちょっとだけ回しましたが、うまくはできず悶々としていましたが不安をよそにそのまま卒業までくることができました。

一本橋

年取るとここが鬼門になるという話を聞いて、不安で一杯でした。 当初連続で何回か失敗しかなり凹みましたし、実際に補習まで受けることになりました_| ̄|○

勢い付けて一本橋へ入る事さえ学べば、あとは全然問題ありませんでした。 ロードバイク乗っていたせいかなと思っています。

これから

卒業したのでバイクが欲しいこの頃ですが、ビンボー人なのでやっぱり悩みます。 お安いので現在はジクサー150を狙っています。

DELLのノートパソコンを2回修理した話

f:id:upopo21:20201101230422j:plain

私は2019年に発売されたDELLのノートパソコン、XPS13 2in1(7390)を使っていました。 Core i7 1065G7のCPU、32GBのメモリ、1TBの SSDと当時の限界スペックを盛り込みました。というのもこれを機会にデスクトップPCを無くしてノートパソコン1つだけにしようと思ったためです。

しかし、1年と少しの間に2度も修理をする事になってしまいした。 そんな話です。

1.まとめ

いきなりですが、個人的なまとめとしてでずが…… DELLのサポートはpremiumサポートに入っているのであれば非常に応対は良いです。但し、修理後約1ヶ月半で再度故障する事を考えると、製品の品質には疑問残る。

使えない時間が少しでもあると困るような人にはDELLのノートパソコンはお勧めできないです。 また、Premiumサポートなしでの購入はお勧めできないように思います。

以下、発生したトラブルや、応対、その後について書いていきたいと思います

2.現象

f:id:upopo21:20201101231548j:plain

私は比較的外にノートPCを持ち出して使っております。 あるとき使おうとしたら、起動時にガガッと異音が鳴ったのです。

その後から起動時に必ずシステムチェックが入り白いエラー画面が表示されるようになりました。

エラーメッセージ等からファンのトラブルだとわかりました。

3.DELLの対応、やりとり

幸いなことにプレミアムサポートがあり、そのおかげでしょうか、日本人の方が応対して頂けました。他のサイトとかで検索すると日本語がたどたどしい感じの方が対応されるそうです。

サポートの方とのやり取りで幾つかの確認事項などがあるものの結局は修理となりました。 なんとファンが壊れたのですが、マザーボード一式の交換となりました。 ストレージも交換されるのでデータも全てなくなります。

今回はオンサイトでの修理が可能との事でしたので自宅へ来ていただき対応して頂きました。

4.オンサイトでの修理

スケジュールは営業日の営業時間内の対応となりますので土、日曜日の対応とかは出来ません。 そして修理担当者はDELLではなくIBMの方が来ました(委託されているようです)

f:id:upopo21:20201101230422j:plain

修理しているところ言ってもただの基盤交換なんですが、流石に細かいビスや手順があり私自身がやりたいとは思えませんでした。

そのせいか時間も1時間以上は掛かっていたように思います。

5.修理後再び...

使い始めて40日ちょい、なんと再び同様の現象が発生しました。 セットアップとか結構面倒なのに……修理したらまたもう一度?

毎日使っているし、少々他の人よりも扱い方が雑だという自覚はあります。ただ今まで他のノートPCではこんな事なかったので、正直どうなの?と思います。

再度サポートへ連絡し、同様の現象が発生した事を伝えるとスムーズに修理への手続きとなりました。

6.ノートPCを預けての修理

今度はオンサイトではなく、ノートPCを送付しての修理としてみました。 引き取りから修理が完了して手元に戻るまでに一週間掛からなかった気がします。 思ったより早いなという感想です。

修理上がりのPCですが、userという名前のユーザーが作られそれで起動するようになっていました。 購入後みたく初期設定前じゃないの?という素朴な疑問が。

そしてこのWindows10、何か変。

f:id:upopo21:20201102095025j:plainf:id:upopo21:20201102095020j:plain

本来日本語であるべきMicrosoftのアプリケーションが全て英語表記です。

7.変なWindowsを治す

Bootオプションからリカバリしても同様な現象が発生しました。 そのため、購入直後に作成しておいた回復ディスクを使ってリカバリを行いました。

この方法で、購入直後の状態に戻すことができましたが・・・が。

f:id:upopo21:20201102095221j:plain

念のためBootオプションから再度リカバリを行ったら、また英語メニューが。 なぜ?と思ったのですが、リセットのオプションには

  • 工場出荷時設定にリセット
  • リセットしてアップデート

この二つがあります。 このうち リセットしてアップデート を選ぶとこの現象が発生することがわかりました。 非推奨ですが工場出荷時設定にリセットが日本人的に正しいと思います。

DELL側のイメージがおかしいということなんでしょうが、ちょっとなんだかなぁ・・・という気持ちに。 しかもリセットしてアップデートを選ぶと、以降は「工場出荷時設定にリセット」が使用できなくなるという罠も・・。 (再度回復ディスクを使ってリカバリしました・・・)

8.最後に

壊れたのはFANでありますが、マザーボード交換になり修理の度にOSからソフトの入れ直し、データのバックアップやリストアが発生します。 割としんどい作業です。それが一度修理して40日ちょいで再び発生したために心がポッキリおれました_| ̄|○

デスクトップPC を即座に購入し移行し、使っていたノートPCは使わないようにしました。 また外へ出かけるためにiPad Airとキーボードを購入し、自宅へリモートデスクトップで接続するようにしようともくろんでいます。

薄型のモバイルPCは壊れやすく、またその時にすべて入れ直しになること考えるとなかなかリスク高いなぁと思うようになりました。 特にファンのようなモーター部分は壊れやすいので要注意かなと。 こういったことがあったので、今後は薄型モバイルノートPCを買うことはなくなるかなと思っています(;'∀')

橋立川キャンプ場の話

f:id:upopo21:20200922115752j:plain

ようやく念願のソロキャンプへ行ってきました。 キャンプ自体は先月行ってましたが、ソロでは初めてです。

[f今回は事前の天気予報で雨模様が予測されていたので、 タープ+テントの構成で準備していました。

橋立川キャンプ場は持ち込む荷物の種類で料金が変わります。 ソロ用の小型テントは1000円。 タープは1000円。入場料は200円。たしかそんな感じだったと思います。

今回は合計2200円という形でした。 ファミリー向けテントだとそれだけで2000円のようです。

f:id:upopo21:20200922120120j:plain

写真の通りお子様連れのファミリー層は少なく、 ソロや二人ぐらいの少人数のキャンパーが多めです。

f:id:upopo21:20200922115945j:plainf:id:upopo21:20200922115939j:plain

河原のテント場なので、ペグがやっぱり入りません。 今回はちゃんとゴムハンマーを持っていき、ガンガンたたくのですが、1/3程度しか入らないことも多く結局石で抑えることになりました。

今回、コンビニへ寄るのを忘れたのでお菓子類や水をもってきておりませんでした(;'∀') 水は浄水器があるので、水場まで行くのをめんどくさがり川の水を浄水したりしてました・・・

f:id:upopo21:20200922120543j:plainf:id:upopo21:20200922120549j:plainf:id:upopo21:20200922120555j:plain

最初は棒ラーメン食べておなかを満たしたのですが結局色々間食したくなり、コンビニまで買いものに行きました。

f:id:upopo21:20200922120936j:plainf:id:upopo21:20200922120931j:plain

コンビニまで片道徒歩20分弱、途中浦山ダムのそばを通ったりしながら向かいます。 片側は川、反対側が山となっていて気分的には森林浴。こういうところは好きだなぁと思いながら。 浦山ダムの上のほうまで行ってみたかったのですが、テントを離れて何時間もだとちょっと心配だったりしたので、今回は見送り。

f:id:upopo21:20200922121321j:plainf:id:upopo21:20200922121327j:plain

焚き火用の装備も全部そろっているわけでもなく、雨でもあるので、食事はシングルバーナーでお米を炊き、準備してたタンドリーチキンの元をまぶした鶏肉を焼いて、卵焼き作ったりしてました。 こういう形で食事を作るのは初めてで、ちょっと困ったことがあります。

最初にお米を炊いて、蒸らしているうちにタンドリーチキンを焼いたりおかずを作っていたのですが、お米が冷めてしまってちょっとションボリ。 おかずの種類減らすかなぁとか、ちょっとどうしたらよいものかとか考えてしまいます。

f:id:upopo21:20200922130930j:plainf:id:upopo21:20200922130934j:plain

翌朝の朝食は家の食材の残りものからブロックベーコンやチーズなどでホットサンド。 シングルバーナーでは中央が焼けすぎてしまうので要注意ですね。こまめにホットサンドメーカーの位置を変えながらやっています。

朝食を食べているころから雨が降り始め、コーヒーを飲んで一服しているころにはかなり強い雨に。 レインウェアに着替えてびしょびしょになりながら撤退準備。悲しい_| ̄|○

f:id:upopo21:20200922131231j:plainf:id:upopo21:20200922131239j:plainf:id:upopo21:20200922131244j:plain

帰りは直接帰らずに浦山口の駅からほど近い、橋立鍾乳洞へ向かいます。 こちらにはJURIN's GEOという喫茶店があります。こちらのコーヒーを数年前飲んだのですが非常に美味しかった思い出があるので再度寄らせていただきました。

f:id:upopo21:20200922131436j:plainf:id:upopo21:20200922131440j:plain

淡雪という、かき氷兼アイスコーヒーとサンドイッチを頼みました。 アイス部分にシロップをかけて食べつつ、ある程度進めたらコーヒーを上から入れてアイスコーヒーにします。 アイスコーヒーはすっきりした味わい?で非常に飲みやすく美味しかったです。

・・・・まぁ、味に自信がないおっさんの戯言ですが(´・ω・`)

f:id:upopo21:20200922131657p:plainf:id:upopo21:20200922131702j:plain

そんな感じで、GoogleMapの機能を使ってみながら帰ったりしたのですが、このARの案内機能を使ったときはほんと未来を見たいような気がしますw こういうのをARグラスで出来たらすごくいいよなぁと思うこの頃です。

足尾銅山へサイクリングした話

しばらく前の話ですが、熊谷まで輪行して足尾銅山までサイクリングしてきました。 友人に誘われて、ひーこら頑張ってついて行った感じです。

当初、ガーミン読みではUP1300mとか言われていたので「こりゃぁ途中でDNFするかなぁ」とか思っていたのですが、最終的に800mちょいでたすかりました(´▽`) 斜度も8%超えるところはほぼなかっと思うので、比較的だれでも行けるのかなと。

途中の景色は見晴らしがいい、という感じではないのですが森林浴的にもいい感じですし、また川沿いで移動するのでたまに川が見えるのがとてもいい感じです。 途中、道の駅や草木ダムなどを寄りつつ向かいました。

足尾銅山も観光しましたが、やはりコロナの影響なのか人があまりいない気がします。 銅山の奥のほうは1300kmに及ぶ長さがあるそうですね(入口部分のみ観光が可能です)

帰りは電車で帰っていますが、電車は時間帯によっては2時間に一本しかなくなったりするらしいです。

そんなわけで非常に満足度高いサイクリングでした。

今はバイクの免許を取得中なので、バイク免許取ったら今度はバイクでも走ってみたいななんて思っていますw

Tyrell FX のボトルケージの話(Fidlock TWIST UNI CONNECTOR)

f:id:upopo21:20200727184400j:plain

タイレル FXという自転車に乗っています。 この自転車はフレームの形が独特で、ボトルゲージが水平のトップチューブ上についています。

そのために

  • 緩めのボトルケージだと衝撃等でボトルがどっか飛んでいく
  • 固めのボトルケージだと硬くて取りづらかったり、取り出しづらかったりする

といった感じで、非常に使いづらいのです。

今回、Fidlock TWIST UNI CONNECTOR というボトルケージを購入したので、タイレルFXにつけてどうだったかという事を書いていきたいと思います。

今まで使ったボトルケージ

まずは今まで購入したボトルケージと良かったところ困ったところ簡単に。

コアラボトル(K3)

www.koalabottle.jp

マグネットでボトルを固定する方式で、取り付け外しはしやすく固定力も高いと個人的には夢のような製品・・・・でした。 実用上で困ったのは保冷ボトルがないことです。 専用ボトルのため、CAMELBACK ポディウム アイスなどが使えないのです。

そのために夏場の運用には厳しめでした・・・

ステムにつけるタイプ

www.amazon.co.jp

このボトルケージを購入したのですが、レビューにある通り・・・折れました🤣 あと、長めのボトルゲージだとダンシング・・・といいたけど私の立ち漕ぎでは体にあたってしまうことがあるので若干使いづらかったです。

今回購入したボトルケージの話(Fidlock TWIST UNI CONNECTOR)

f:id:upopo21:20200727184527j:plainf:id:upopo21:20200727184533j:plain

こちらが今回購入したボトルケージです。 自転車側に取り付ける部分はすっきりしていて、ボトルをつけていないときは目立ちません。 逆にボトル側は大きめのアダプターとなっているので見栄えは若干よくありません。

装着時は磁石の力で吸い寄せられるように上からはまります。 向きを間違えた場合は磁石同士が反発してはまることはありません。 はめるときは上からはめるのですが外すときは、ひねるようにして外します。 上に持ちあがても外れることはありませんでした。

これでコアラボトルで悩みであった保冷ボトルの問題も解決して、なおかつボトルの脱着についての問題も解決しました。

非常にありがたく思っているのですが、一点、つらいなぁと思うことがあります。 それは値段です_| ̄|○ このセットで6600円しました。普通に高いと思っているコアラボトル(約5000円)のさらに上を行きます・・・。

とはいえ、問題点が解決したのであとは走るだけ。活用していきたいと思います😎